2010年に貸金業法が改正されたことにより、総量規制というシステムが導入されました。これは、消費者金融から借り入れをする場合、年収の3分の1が借入金の上限になるというものです。その目的は、消費者金融の利用者が返済能力を超えた借り入れをしないようにすることにあります。これにより、借入の申請の際には、年収を証明できる勝利を提出することが義務付けられるようになりました。

しかし、総量規制が適用されるのは、基本的に消費者金融だけであり、銀行などには適用されません。そのため、銀行カードローンを活用すれば、年収の3分の1を超えた借り入れをすることもできるのです。ただし、銀行に借り入れを申請する場合も、年収を申告する必要がありますし、基本的には、借入限度額も、それによって決定されるため、総量規制がないからといって、好きなように借り入れができると言うわけではないという点には注意する必要があります。

また、銀行からの借り入れは、消費者金融よりも審査が厳しく、借入をする以前に審査に落ちる可能性があることも考慮に入れておく必要があります。とは言え、その審査基準は、それぞれによって異なり、その中には、審査が通りやすいと言われているものも数多くあります。現在では、そうした情報がウェブサイトでまとめられているため、銀行カードローンの活用を考えている場合は、こうしたウェブサイトで情報を集め、自分に合ったものを選択することが推奨されます。